一人暮らしで使うインテリアや電化製品の選び方

1人暮らしが長かったので

一人暮らしで使うインテリアや電化製品の選び方
■ 43歳 女性
1人暮らしが長かったので、自分で様々なインテリアや電化製品を揃えました。
結婚した今でも、私が独身時代から使い続けているものがたくさんあります。
1人暮らしの女性にとって、部屋のインテリアはこだわりたい部分ですが、家賃や光熱費、生活費を全て給料の中でやりくりしなければなりませんので、あまりお金もかけられません。部屋が狭いので、大きなものを買うこともできません。お洒落で可愛くて邪魔にならなくて、且つ実用的、そんなインテリア選びを実践していました。

1人暮らしを始めた当初は、部屋が狭くなるのが嫌で、極力モノを買わないようにしていました。

しかし、それではあまりにも殺風景な部屋になってしまいます。そこで、部屋を可愛らしく演出してくれる上に収納に使える、というようなアイデアグッズをよく購入していました。

例えば、真っ白で無機質な壁にタペストリーでも飾りたいと思ったのですが、タペストリーの代わりにポケットがいくつかついた、幾何学模様の壁掛けインテリアを購入しました。
鍵や判子などの小物を入れたり、払い忘れないようにコンビニの振込用紙を入れておいたりして活用していました。

テーブルは小さなハート型で、遊びに来る友達皆に絶賛されました。
真ん中に蓋がついていて、ちょっとした調味料を隠せる仕組みになっていました。
ソファは2人掛けで、引出が2つついたものにしました。
軽いので動かすのも楽でした。

安くて良いものを上手に見つけては、部屋のインテリアを楽しんでいた方だと思います。