一人暮らしで使うインテリアや電化製品の選び方

1人暮らしというのは

一人暮らしで使うインテリアや電化製品の選び方
■ 38歳 女性
1人暮らしというのは、家賃や光熱費、食費なども全て自分で支払わなければいけませんから、お金がかかります。ですが、自分の好きなものを自由に部屋に置けるし、自由な生活ができるのが魅力です。

家族で一緒に住んでいた時は、インテリアも自分好みにできなかったという人は多いでしょう。1人暮らしで使うインテリアや家電製品は、自分の生活スタイルにあったものを用意すると無駄がありません。まず、家電は、簡単機能がついている家電だけにしましょう。キッチン家電はたくさん置きすぎると、キッチンスペースが狭くなりますし、あまりに多機能な電子レンジは、自炊する機会が少なければ出番が少ないです。
温める機能や焼くだけのシンプルなものの方が長持ちもします。
そして、インテリアは量より質を重視した方が、部屋も満足できる空間が出来上がります。シンプルなデザインだけれど、素材がいい小物は目を惹きますし、狭い部屋であれば小物は置かず、大きな観葉植物だけをインテリアにしても、ごちゃごちゃしない1人暮らしの空間になるでしょう。